2005年11月05日

【書評】彼女を守る51の方法―都会で地震が起こった日4

彼女を守る51の方法―都会で地震が起こった日


【評価】「大切なあなたの恋人を救うための」という切り口がポイント

【概要】
12:03 M(マグニチュード)7.3 直下地震発生。

「ぼく」と「彼女」(モデル:石井めぐる)は休日の昼に、繁華街で都市直下型地震に襲われる。
こんな想定シチュエーションで、地震発生直後〜避難〜避難所生活という時間を追って、防災ノウハウを紹介する。実際の震災被害の写真・彼女(石井めぐる)の写真の両方を含め、多くの写真が用いられ、読むというよりも見るという体裁の本になっている。
終章では、被害の軽減・予防のためのノウハウについても触れられている。

【コメント】
真面目な防災ノウハウを「大切なあなたの恋人を救うための」という切り口で取り上げたことが本書の最大のポイントだろう。私が購入した動機は確かフリーマガジン『R25』で紹介されていたからだが、若年層への訴求に成功しているように思われる。大袈裟な言い方だが、このことによってこの本が果たした社会的意義も大きいと思う。これだけの基本知識が習得できるのであれば、モデルの石井めぐるに目が行って買うという動機も「アリ」だと思わせるほど、きちんとした一冊だ。
唯一惜しく思われるのは「51の方法」に付番がされておらず、まとまりに欠けて読みづらくなっている点だ。
カップル・夫婦で一冊買ってみていい本だと思う。
【追加コメント】
阪神大震災、スマトラ沖地震、中越地震などの震災が続いても、当事者以外の個人の生活の中からは備えと意識が薄れつつあるようにも思われる。自分自身、切迫感が一気に引いていることに気が付いて愕然とする。

しかし、11月5日の日本経済新聞土曜版「NIKKEIプラス1」の第3面では防災グッズとしての携帯電話用充電器が紹介されているし、同日同紙夕刊第1面「あすへの話題」ではAED(自動体外式除細動器が紹介されている。社会全体か、少なくとも報道機関では危機感が持続しているということは、社会にとってよい方向に働くだろう。

この本を読んで、もう一度備えと意識を見直したい。
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. 彼女を守る51の方法  [ ブルログ ]   2005年11月23日 04:39
ほほほ。 意味深なタイトルですが、この本のタイトルです。 彼女を守る51の方法―都会で地震が起こった日作者: 渡辺 実, 彼女を守るプロジェクト出版社/メーカー: マイクロマガジン社発売日: 2005/04メディア: 単行本 これまた俺の愛読書「R25」がきっかけで…。 災...
2. 総研、真っ黒けの黒幕ぶり  [ 鉄人ママの社長ブログ ]   2005年12月08日 17:25
昨日の国会の参考人招致を「心臓の血管に血の塊が入っているような気がする」という 理由で欠席した総研代表内河健氏。 心臓って?心臓の血管って?血管の中に血の塊って???? 医学的な根拠全くないし、体調不良にしてもすごい言い訳が通るもんです。
3. AED(自動体外式除細動器) ライブドアブログアフィリエイトでキーワード  [ ライブドアブログアフィリエイト ]   2006年06月28日 13:31
ライブドアブログアフィリエイトのラッキーです。初心者のためにアフィリエイトに関する情報を提供します。ブログランキングに参加しています。AED(自動体外式除細動器)自動体外式除細動器(じどうたいがいしきじょさいどうき、英語のAutomated External Defibrillator ...
4. 石井めぐる「素敵な大人の女に」  [ グラビアアイドルが大好き ]   2007年06月14日 21:17
5月28日に20歳の誕生日を迎えたばかりの 石井めぐる ちゃん。「自分が思っていた20歳とは全然違うけれど、これからは素敵な大人の女になりたいです」とバ...
5. 心肺停止 いざ AED 除細動器 ☆心肺停止 で AED 除細動器 を扱う・・・  [ ケンコウ 生活 で 悩み 解決 ☆ ケンコウ 生活 で 健康家族 ]   2007年07月06日 08:32
AEDってご存知ですか?AEDとは、自動体外式除細動器のことで、AEDは心臓が止まった人に電気ショックを与えて蘇生させる機器です。心肺停止状態となり、一般市民らからAED(自動体外式除細動器)を使った処置を受けた人の4割で蘇生につながったそうです。AE...
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
BLOGカンパニー
BESTブログランキング
週刊ブログ王
ブログランキングくつろぐ
人気blogランキング
みんなのプロフィールSP
みんなのプロフィールSP
FC2ブログランキング
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
Amazonライブリンク