2006年01月13日

【書評】パイロットフィッシュ4

【評価】あまりにも透明で美しくそして危険な記憶

【感想】
聖(さとし)の青春」「将棋の子」を書いた作者の、小説作品。

あまりにも透明で美しくそして危険な記憶。それはきっと誰にでもあるのだろう。

初めて読んでからしばらく時間が経ってから読み直したが、恐ろしいほど情景が残っていて驚いた。

この種の本は、また時間を置いて読んでみると印象が全く変わることがある。ボロボロ泣いたはずの本に何も感じなくなっていたり、面白くないと思った本になぜか惹き付けられたり。

これほど情景と感情が同じだったということは、この間の私自身があまり変わっていなかったからだろう。



<参考>
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
BLOGカンパニー
BESTブログランキング
週刊ブログ王
ブログランキングくつろぐ
人気blogランキング
みんなのプロフィールSP
みんなのプロフィールSP
FC2ブログランキング
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
Amazonライブリンク