2006年06月30日

企業内診断士のプレゼンス向上に向けて

青年部・Dプロジェクト中小企業診断協会東京支部中央支会青年部では、今年度4本のプロジェクトを走らせている。
6月30日(金)の夜は、私がプロジェクトリーダーを拝命した「企業内診断士のプレゼンス向上」についての会議。

私は、中小企業専業のコンサルタントとして独立して助言・支援を行うことだけが「中小企業診断士」としての活躍の方法だとは思っていない。
「日本版MBA」的な学習内容があると言われるようになり、大企業に勤務する優秀な人材が中小企業診断士資格を取得するようになったが、現状ではこの人材が十分に活かされていないと思っている。それは、「プロコン」(多分診断士業界でしか通用しない呼び方だろうが、独立して中小企業向けのコンサルティングを行うコンサルタントのこと)という単線のキャリア・パス以外の道を提示し切れていないことにも一因があるのではないか。

「企業内診断士のプレゼンス向上」も、この問題意識の延長線上で考えている課題だ。
企業内診断士が企業内で十分活躍しながら、その企業のリソースを活用して中小企業の伸展に貢献すること。あるいは、大企業のトップ層に中小企業への理解が深い人材が増えること。
どちらもきっと「中小企業診断士」のあり方として、そして「中小企業診断士」の仕事の仕方として、正しいのだと思う。
ISO主任審査員の独り言kosakayujiさんも仰っているように中小企業診断士という仕事はこの世にはないのだ。

会議での議論は、新入メンバーの積極的なご発言もあり、とても生産的に進めることができた。ホワイトボードマーカーを持参したことも生産性の低下を防ぐことに役立った。
今後も「企業内診断士」であり続けようとする診断士の感覚は、「プロコン診断士」にはちょっと違和感があったようだが、この立場の違いを認識できたことだけでも大きな成果だ。

多様な活躍のあり方を示せる企画内容に是非したいという思いで、今後もプロジェクトに取り組んで行きたい。


なお、会議の会場はルノアール銀座6丁目店貸会議室
交通の便はいいが、銀座の中心から少し離れているからか室料も若干割安。周辺には銀座とは思えない居酒屋があって気楽な雰囲気。Webから予約ができるようになって利便性も向上している。
今後も使いたくなる場所だった。


<参考情報>

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
BLOGカンパニー
BESTブログランキング
週刊ブログ王
ブログランキングくつろぐ
人気blogランキング
みんなのプロフィールSP
みんなのプロフィールSP
FC2ブログランキング
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
Amazonライブリンク