2007年07月20日

日本のフードマイレージは韓国の3倍!?

非常に久々の投稿になります。

早速ですが、Kaitsのスクラップ・ブロッグ(Scrap Blog)フードマイレージも面白い考え方だにトラックバック。

先日、多分深夜のテレビを何となく見ていたら、フードマイレージについて取り上げられていた。番組は、「もったいない」をテーマに、使用済みの紙コースターを使って何かできないか、のような内容だったと思う。

フードマイレージ」とは食料の輸送距離のことで、環境に与える影響を考慮すると少ないほうが良いとされている。
この考え方自体は知っていたが、番組の中で「日本のフードマイレージは韓国の3倍」と聞いて、驚いた。数字の説得力だろう。

調べてみると、フードマイレージの総量で日本はトップで、韓国の3.4倍、米国の3.7倍という数字があった。
また一人当たりの数字だとトップはやはり日本であるが、2位の韓国と大きく変わらない。しかし米国とは、7倍弱もの違いがあった。
番組中で私が驚きを覚えた韓国との差は、主として人口によるものだと分かったが、逆に米国との差が大きいことに今度は驚いた。

フードマイレージには地理的特徴、そして食料自給率が大きく影響する。農林水産省がこれらの試算を行い、発表しているのも、食料自給率の向上(そしてそのための国内農業保護)につながるからだろう。
あまり行き過ぎると、都市で食料を生産するという非現実的なことになってしまうという批判もあるようだ。
また、あまり「地産地消」ということが過ぎると、地方の優れた作品(農産物など)が、都市で売れなくなってしまう。特徴を持った商品を作って売り込もうとしている取り組み(例えば宮崎県もそうだろう)に水を差すことにもなりかねない。

しかし、同じような味、同じような価格のときに、イメージだけで遠方のものを選択するのはやめようと思った。
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. フードマイレージも面白い考え方だ  [ Kaitsのスクラップ・ブロッグ(Scrap Blog) ]   2007年07月23日 07:06
ラジオで先日、「フードマイレージ」という言葉を聞いた。食べ物を輸送する距離のこと
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
BLOGカンパニー
BESTブログランキング
週刊ブログ王
ブログランキングくつろぐ
人気blogランキング
みんなのプロフィールSP
みんなのプロフィールSP
FC2ブログランキング
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
Amazonライブリンク