Category:本棚・書評

2005年07月29日

【書評】ファシリテーション入門5

ファシリテーション入門
4532110262
堀 公俊
(日本経済新聞社 2004-07)
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【評価】
日経文庫の面目躍如 ファシリテーションの基礎的教科書


【概要】
「問題解決や合意形成を促進する技術」としてアメリカで生まれたファシリテーションを、著者は「集団による知的相互作用を促進する働き」としている。単に会議の運営方法にとどまらず、ファシリテーションを組織に働きかけるものとして捉えている。

本書は以下のような内容になっている。

(1)ファシリテーションの技術とは何か
ファシリテーションがもたらす効果として、ア)学習スピードの向上、イ)チームの相乗効果の発揮、ウ)メンバーの自律性の育成が挙げられている。

(2)ファシリテーションの活用分野
ビジネスでの問題解決、組織変革、まちづくり、教育など幅広い範囲に応用可能であることが示されている。

(3)ファシリテーターに求められる4つの技術
ア)場のデザインのスキル、イ)対人関係のスキル、ウ)構造化のスキル、エ)合意形成のスキル、の4つを基本スキルとして定義し、詳細に紹介している。

(4)実践のショートストーリー
ショートストーリーでファシリテーションの実践場面が紹介されている。

(5)章別のブックガイド
本書の章別に参考文献が挙げられている。


【コメント】
訓練されてない者でも一時間半ほどで読了することができる手軽なテキスト。ファシリテーションに関して、最も体系的かつコンパクトにまとまった良書と思う。まさに日経文庫の面目躍如、入門のため教科書としては最適ではないか。ファシリテーションの基本的な要素については十分なものが含まれている。

ただ、日経文庫の紙面の中では語り尽くせなかったり、説明不足になっているような点は、著者の他書「問題解決ファシリテーター」や「ファシリテーションの技術」を参照することが求められる。

特に便利なのが、巻末についているブックガイドで、これから学習を深めようとする者にとっては、非常に便利な参考文献一覧になると思う。

誰にでも薦めることのできる基本書である。

2005年07月23日

【書評】ホームページが楽しくなる!アフィリエイト徹底活用術4

【評価】
アフィリエイトについて整理された基本情報を求める人に適切な入門書

【概要】
アフィリエイトの基礎知識、アフィリエイトサイトのタイプ別の解説、アフィリエイトの基本テクニック、Q&Aなどで構成されているアフィリエイトの入門書。
テクニックやTIPSばかりを集めた本ではなく、基本的な内容の本である。

【コメント】
本書の最大の長所は、分類・一覧が使いやすいところだろう。例えば、アフィリエイトのタイプを「関連商品紹介型」や「レビュー型」など7種類に分けて解説している。その他にもamazonのリンク種類の一覧表、アフィリエイト・ネットワークやECサイトの一覧表など、読者の使用目的が明確であれば役に立つ情報が整理されている。
一方、編集としては雑多なコンテンツを整理せずに切り貼りしたような印象は否めない。また他のレビュアーも指摘している通り、紙質が悪い点も実用的な影響はないものの、気になるところ。
これからアフィリエイトを始めようとする人が、最初の基本的情報を得るためには十分な書籍だろう。アフィリエイトについて知るために、Webで検索して玉石混淆の情報に当たり、自ら手間をかけて吟味する煩雑さを厭わないのであれば、本書は必要ないかもしれない。


このブログで書評を掲載する際に、参考にした書籍。
amazonのアソシエイト・プログラムを支援するツールを提供するサービスG-Toolsもこの書籍の中で紹介されており、現在私も利用している。

2005年07月22日

【書評】よくわかるNPO法人の設立実務―NPOの立ち上げに必要な実務ノウハウのすべてがわかる3

【評価】標準的な実務書(但し法改正前の書籍)

【概要】
NPO法人設立に関する標準的な実務書。
はじめに特定非営利活動法人(NPO法人)とは何か、という点に触れた後、設立手続き・会計及び税制・管理事務等について詳細に解説している。
但し2003年に施行された法改正前の書籍であり、法改正には対応していない点には留意する必要がある。

【コメント】
極めてオーソドックスな実用書であり、使いやすい。特に定款については、標準的な例が掲載されているだけでなく、別のケースでは場合にはどのように変えればよいかまで記されており、使い勝手は良い。逆に言うと、それ以外にはあまり際立った特徴のない本でもある。
実務的には現在購入するのであれば法改正に対応した書籍が望ましい。当時NPOがどのように捉えられていたかを知りたいという用途以外には、今は役に立たないかもしれない。


基礎からわかるNPO設立ガイド―改正法対応版」と共に参照した書籍。
p.47に企業とNPOの連携の例が掲載されている。デンソー(アジア車いす交流センター)東京商工会議所(生活・福祉環境づくり21)がNPOを設立していることが紹介されている。
<関連>企業が設立するNPO法人についての疑問(2005年07月12日)

2005年07月21日

【書評】ビジネスブログのつくりかた 集客・営業・顧客サポートまでこれひとつ!4

【評価】
ブログを始める前に作戦を練るための参考書として

【概要】
ビジネスにブログを活用するための基本的な考え方と方法を解説した書籍。大きくは以下の4つの内容がある。
(1)初心者向けブログ入門Q&A
(2)ブログの基本戦略設定・方向性決定の方法
(3)業種別ブログ活用例・導入企業インタビュー
(4)始め方のガイド・続け方のアドバイス

【コメント】
本書の特徴となっているのは、上記概要の(2)と(3)である。業種別のブログ活用例を見た後に、ブログの基本戦略を設定することで、ブログを始める前の作戦立案ができる。ブログの解説書は、技術的な解説やテクニック論を扱った本も多いが、本書は基本的な準備をするのに役立つ本である。
但し、ブログサービスの詳細な比較などは含まれていないので、具体的にどのようなサービスを選択するかなどについては、別途雑誌などを参照して決める必要がある。また、既にブログを始めている人や中・上級者にはあまり意味のない本かもしれない。


このブログを始めるに当たって参考にした書籍である。
企業Web担当者のためのビジネスブログ情報サイト「ビジネスブログ」

2005年07月20日

【書評】ザ・ファシリテーター5

ザ・ファシリテーター
4478360715
森 時彦
(ダイヤモンド社 2004-11-12)Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【評価】
ファシリテーションの教科書を読む前と読んだ後に読みたい良書

【感想】
ファシリテーションをテーマにしたビジネス小説。主人公とストーリー展開に魅力があるため、純粋に読み物としても楽しめるのではないか。前書きの文章が硬いことでだいぶ損をしているのではないかと思うが、非常に読みやすく内容も盛りだくさんの本だ。
小説形式で読書を楽しませながらファシリテーションを解説するという目的は十分達せられている。また中途半端な解説書よりも手法・技術の紹介も充実している(例えばp.216の「ファシリテーションの道具箱」)。教科書的な他書を読んだ後にもう一度本書を読むと、一層理解が深まり新たな発見が得られることと思う。

2005年07月18日

【書評】社外取締役1

社外取締役
4344004817
牛島 信(幻冬舎 2004-03)Amazonで詳しく見るby G-Tools
【評価】
小説としての面白さにも実務的な示唆にも欠ける

【感想】
コーポレート・ガバナンスに注目が集まり、社外取締役にも関心が集まっている。ソニーでは、社外取締役の機能によってトップの交代が実現した。本社はその「社外取締役」をテーマにした企業法律小説である。
期待を持って読んだのだが、その期待は裏切られることになった。それは以下のような理由による。
・主人公に魅力がなく、読み物としての面白さに欠ける
・例えば新しい驚きのある戦略が提示されるような、経済小説・ビジネス小説としての面白さもない
・法律面から見た解説が付されることもなく、物語の中で法律的な論点が提示されることもない
・委員会等設置会社(執行役制度)や従来型の監査役制度、あるいはアドバイザリー・ボードや執行役員制度など、経営機構上の論点を鋭くえぐるような展開もない
・実務的に参考になるような要素もない

同じ著者の他著に感銘を受けた人以外には薦めることができない。

2005年07月17日

【書評】ロジカル・セールス―仮説・検証による論理的アプローチの技術2

【評価】
体系的・画期的なアプローチテクニックは提示されていない

【概要】
営業に商店を当てた論知的思考についての書籍。
本文には例え話やビジネスとは離れた設例が用いられており、図解・図表も多い。また練習問題が設けられたトレーニングブック形式を採っている。

【コメント】
内容の薄い本という印象である。本書の主張を乱暴に要約すると「とにかく色々な可能性を考えてみることが大事」ということに尽きる。
基本的・当たり前の内容が書かれているが、それが体系的に整理されている訳でもない。本文中の設例も良くないし、説得力のある事例・実例も登場しない。また図解・図表も多くの紙面を占領している割に効果的でない。
サブタイトルの「仮説・検証による論理的アプローチの技術」から期待した内容とは程遠いものであった。

2005年07月14日

【書評】基礎からわかるNPO設立ガイド3

基礎からわかるNPO設立ガイド―改正法対応版
4827200319
川田 知直 関根 一弘 菊地 良夫 黄 智英 (ぱる出版 2003-06)Amazonで詳しく見るby G-Tools
【評価】
解説は詳細で役に立つが、本としての全体バランスは良くない

【概要】
特定非営利活動法人(NPO法人)のについての解説書。大きくは以下の3項目で構成されている。
(1)NPO法人に関する基本的事項の解説
(2)NPO法人設立手続きの詳細解説(設立申請〜登記〜設立後の届出)
(3)NPO運営者へのインタビュー(4つのNPO法人へ)
特に、(2)の設立手続きの解説は、書類の作成例も掲載されており大変充実している。

【コメント】
手続きに関して詳細に解説しているので、設立実務に携わる人には役に立つ書籍だろう。またNPO法人の設立を考えている人が、NPO運営者へのインタビューを読めばNPOの現場・現実の一端を知ることができ、参考になると思う。
一方で、本の最初の部分は初心者向けの解説に充てられており、書籍としてのバランスにはかける面がある。NPOについて基礎的なことをひと通り知りたいという人は別の基本書を参照した方が良いかもしれない。

BLOGカンパニー
BESTブログランキング
週刊ブログ王
ブログランキングくつろぐ
人気blogランキング
みんなのプロフィールSP
みんなのプロフィールSP
FC2ブログランキング
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
Amazonライブリンク